炭焼 のっぽ



ここは九州の豪雨 のページです。

九州の豪雨 

前回もお話しした北九州集中豪雨で被害にあわれた方の情報が毎日テレビで流れる。つらい気持ちでいっぱいだが店を休んで九州まで出かけてボランティアができるわけでもなく本当につらい気持ちでいる。

福岡のデザイン高校時代からの同級生で九州から浜松に呼びつけて水窪で陶芸家として頑張っていた益野という友人がいる。違う いた。20年も前に病気で浜松で亡くなったのだがホテルやギャラリーで個展をしたりや店の皿など焼いてくれたり個性的な男だった。。古いお客様は彼のことを知っている方が沢山いると思う。この彼が陶芸家のスタートで弟子入りした窯が小石原焼きというところ。

今回この豪雨でこの東峰村の小石原や高取 日田のおんた焼き などたくさんの有名な窯が相当な被害を受けている。今一番気になるのは小石原の福島運窯 という友人がいたところの安否が気になる。彼亡き後もしばらくはその窯に注文して焼いていただいた皿や丼もたくさんある。 電話して安否を問い合わせるわけにもいかず、SNSで聞くわけにもいかない。。
メールアドレスを探したが現在使われていないようだ。。
心配してくれる九州在住の方からYou Tubeの映像など教えていただいたがはっきりとはわからない。。。
ご無事でいてくださることを心から祈るばかりだ。

写真は最近きれいな 蓮の写真から

_SDI0862

_SDI5300

_SDI0859
[ 2017/07/13 00:10 ] 大将の独り言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: