FC2ブログ

炭焼 のっぽ



ここはやっと音が鳴り始めたのページです。

やっと音が鳴り始めた

前回の続きでオーディオ話です 。よかったらお付き合いください。
IMG_0456.jpg

悩みに悩んで選んだスピーカーが JBL STUDIO 220 たまたまヤフオクで新古品が登場。。評価も定かではないが大きさに妥協しなければならなかった。。部屋の隅っこの私のパソコンスペースに置くには上の本棚しかない。ブックシェルフで考えていたのでこれで我慢。

続いてUSB/DAC はハイレゾ音源の中でも評価が高いDSD対応がいいということ、付属のAudio Gate のソフトがなかなか使いやすいということ(単品でソフトを買うと18000ぐらいするそうな)で KORG DS-DAC-10 にした。もう一つ同じメーカで10ではなく100という品番のかなり変わった形の最近のものもあるようだが、じじーの僕にはどうしてもなじめない(笑)。。

デジタルアンプは中華アンプのS.M.S.L社のSA-S3。よくわからないがSTMicroelectronics の TA2020が大変評判が良かったらしく(製造中止)その後継機というらしい。どちらにせよ異常な安さ。一つ5000円でおつりがくる。これを二台。左右別々のアンプ モノアンプのような使い方をしている。巷ではデュアルモノラル構成 というらしいがググってもなかなかいい情報がない。ちょっと危険な使い方のような気もするがアンプ一つで聞いた時よりも定位が良いという。。まぁ 短い距離だしセッティングもいい加減だから定かではございません。爆

以上の組み合わせで落ち着きいざ 能力の低いノートパソコンで稼働したほうがいいと判断して(回路が単純だから雑音も拾わないだろう なにより何か事が起きてからメインのパソコンでは苦労しそう)インストールにじたばたしたがやっとセットアップ完了
音出しです。。

はっきり申し上げます数百万もするオーディオは聞いたことがないが昔のLUXMANのアンプと比べて引けを取らない。もっと言えば切れ味が綺麗。。あまり期待していなかった低音もなかなかな感じです。伸びやかな雰囲気はかなり気に入りました。
しいて言えば真空管アンプのほうが角がなく優しい感じがしますね。でもあのアンプ、電源入れて2,3時間は置かないと音がしょぼかったんでこの中華アンプには驚いています。スピーカーもアンプもエイジングが済めばもう少しは角が取れた音に期待したい。

こんな狭い環境で聞くのでちょうどいいのでは。
IMG_0454.jpg

JBL STUDIO 220 ツイッターがよさげです。
IMG_0457.jpg

すぐ隣のノートPCでソフトを動かしています。
IMG_0455.jpg

AudioGate3になってユーザインタフェースがかなり変わったようです。最も昔のは使ったことがないのでどうでもよろしいですが。






[ 2015/07/22 14:50 ] オーディオ | TB(0) | CM(2)
もう、そういう時代ですよね。

私は楽器もパソコン経由で音を鳴らしているんで、コルグのサウンドカードやらでごちゃごちゃしていますが、アンプに不満があって、ちょうどSA-36A Proと言うのを買おうかなと思っていました。なるほど、デュアルにするって手法があるんですね。知りませんでした。

スピーカーは台湾製の怪しい奴なんですが、これが結構良いサウンドで(笑)。
[ 2015/07/22 20:54 ] [ 編集 ]
いいですね。。そのアンプ同じメーカーでかなりレビューが良くて気になってました。とにかく安いくせにいい音出すのです。高級アンプはもう見せるだけですね。(笑)是非導入下さい。モノアンプ扱いはちょっぴり不安もあるのです。回路の方チャンネルしか使いませんので発熱などしたらやめるつもりですが今のところ大丈夫です。台湾、中国、などの安い商品に日本メーカーも苦労するでしょう。以前の安かろう悪かろうから少しずつ製品の安定性も出てきているようですし。
[ 2015/07/22 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック: